TVドラマを見るならVODの見逃し配信を利用しよう

「見たいTVドラマを見逃してしちゃった・・」
「過去の人気TVドラマをを今から見てみたい」

そんなあなたにお勧めなのが、ネットの動画配信サービスの見逃し配信です。ここ最近になって、オンラインの動画配信サービスの充実振りが凄いことになってきています。ひと昔前から考えると、まるで夢のようなネット動画環境になっているんです。

TVドラマも、いまやテレビだけでも見る時代じゃなくなりました。ネットで見る時代です。見逃したドラマは見逃し配信で、スマホやパソコンでも視聴することができます。

どんどん便利になっていきますね。では、どの動画配信サービス(VOD)を利用したら、あなたが見たいTVが視聴できるのでしょうか?これだけ、VODの数が増えてくると、ややこしくて、わけがわからなくなってきます。

「私が観たいあのドラマは、どのVODで観られるの?」
「見放題のVODがあったり、追加料金で見るVODがあったり、わけがわかりません」

こんな声も耳にします。
TVドラマの見逃しや、過去の名作ドラマを見るのに適した、VOD(動画配信サービス)の利用方法について、詳しくお伝えしていきますね。

放送局別、おすすめ無料VOD(動画配信サービス)

日テレ、TBS、フジ、テレ朝、テレ東。日本には5つのキー局があります。それプラス、NHKですね。TVドラマをテレビで見る時も、当然それぞれのチャンネルの合わせて見ますよね。

見逃したドラマも同様に、基本的はそれぞれのキー局が運営する動画視聴サービスを使って、視聴することができます。

各放送局では、番組を見逃してしまった人のために、一定期間無料で番組が視聴できるオンランサービスを用意しているんです。

日テレ:日テレ無料TADA!
TBS:TBS FREE by TBSオンデマンド
フジ:FOD / フジテレビオンデマンド
テレ朝:テレ朝キャッチアップ
テレ東:ネットもテレ東
NHK:NHKオンデマンド

もちろん全ての番組ではないのですが、TVドラマやバラエティ、情報番組など、見逃したり、録画し忘れてしまった番組も、約1週間後までは、これらのオンデマンドサイトから見ることが出来ます。

「TVer(ティーバー)」というサービスもあります。これはキー局全ての番組を横断的にカバーしたサービスになっています。放送局に関係なく、見逃し番組を視聴できるようになっています。なんとも素晴らしいサービスですよね。

2018年4月からは、Paravi(パラビ)」というVODも登場します。Paraviは、TBSやテレビ東京、WOWOWなどが出資元となって設立された新たな動画配信サービス。TBSの番組は、今後はParaviで見逃し配信を行ていく予定です。

各放送局の無料VODの限界

各放送局の無料VODや、TVerはとても便利なサービスなのですが、問題もあります。まず各放送局の無料VODは、視聴できる番組が限られているということ。それと、1週間過ぎたら、見られなくなってしまうことです。

次にTVerですが、各テレビ局から提供されている無料番組動画がさらに少ないということ。各放送局の独自無料VOD以上に、観られる番組が限られてくるという問題があります。無料ならではの限界です。では、あなたが観たい番組が各放送局の無料VODやTVerで見つからない場合、どうしたら良いのでしょうか?

各放送局によるプレミアムVOD

各放送局では、無料VODのアップグレードバージョンとして、有料のプレミアムVOD(各局呼び名は異なります)が用意されています。

日テレ:日テレオンデマンド(動画購入型)
TBS:TBSオンデマンド(プレミアム見放題コース/月額ポイントコース)
フジ:FOD プレミアム(見放題+動画購入型)
テレ朝:テレ朝動画(個別課金/月額課金)
テレ東:TV東京ビジネスオンデマンド(見放題)、あにてれ(見放題)
NHK:NHK見逃し見放題パック/NHK見逃し特選パック

これらのプレミアムVODバージョンを利用すると、無料VODよりもさらに多くのTVドラマ等が見ることができます。料金体系は大きく分けて2通りあります。1つ目は、見放題といって、見放題指定動画は追加料金なしでどれでも好きなだけ見放題というタイプ。

もう1つは、動画購入型、月額ポイント、個別課金などと呼ばれているタイプで、動画毎に課金される方式です。課金制の方は、ポイントを買って動画を購入したり、毎月決まったポイントを購入し、そのポイントを動画購入に使用する、といった方式になります。

各放送局のVODによって、課金制のみのサービスと、見放題と課金制を組み合わせたサービスとがあります。無料VOD(もしくはTVer)と有料プレミアムVODを上手に組み合わせることにより、かなりのTVドラマを視聴できるようになると思います。

いろんなチャンネルのTVドラマが見れる動画サービス

上記の方法でかなり快適にTVドラマをネットで視聴できるようになることでしょう。でも、人によってはまだ満足できない人もいるかもしれません。その不満はきっと、いろいろなチャンネルで放映されているドラマがひとつの動画視聴サービスで観ることができない、ということかと思います。

各放送局のプレミアムVOD同士を組み合わせて利用した場合、それだけお金も掛かってしまいますよね。各放送局の有料VODでは、かなり濃いサービスが受けられる一面はあるものの、ひとつの放送局の番組しか観れないことがやっぱりネックに感じる人も出てくるかもしれません。

そんな人にお勧めしたいのが、いろいろなチェンネルのTVドラマが見られる動画配信サービスです。各放送局の垣根を超えて、横断的にTVドラマが視聴可能な動画サービスを提供しているが、次のような動画配信サービス会社です。

U-NEXT
dTV
Hulu
Netflix
Amazonプライムビデオ
ビデオパス
TSUTAYA見放題&DISCAS

これらの動画配信サービス会社は、各テレビ局と提携して、見逃しTVドラマや過去TVドラマなどのテレビ番組を視聴することが出来るようになっています。これらの動画配信サービス会社もテレビ局の有料VODと同じように、見放題コンテンツと有料動画コンテンツの2種類があります。

上記の中でいくと、HuluとNetflixは完全見放題です。それ以外のところは、コンテンツ(TVドラマ)によって見放題のコンテンツに含まれていたり、有料動画コンテンツ扱いになっていたりします。どのドラマが見放題で、どのドラマが有料かは、各動画配信サービス会社によって異なります。例えば、「BORDER 贖罪」は、

U-NEXT なし
dTV 見放題
Hulu なし
Netflix 見放題
Amazonプライムビデオ 課金
ビデオパス 見放題
TSUTAYA見放題&DISCAS 課金

注:上記は2018年3月16日現在の情報です。最新の配信状況は、各VODサイトにてご確認下さい。

このようにTVドラマによって、おすすめの動画配信サービス会社が異なってきます。

国内ドラマの作品数

各動画配信サービスの国内ドラマの作品数を調べてみました(2018/3/16調査)。

動画配信サービス(VOD)によって、全ての作品が見放題であったりとか、もしくは見放題と有料レンタルが混じっていたりとかで、正しい数字の計測は難しいのですが、わかる範囲で調査してみた結果です。

Hulu 見放題 約500作品

FODプレミアム 見放題 約400作品

U-NEXT 875作品
(見放題 370、ポイント 504)

dTV 297作品

Amazonプライム・ビデオ 約800作品
(見放題 約200 課金 約600)

ビデオパス 約370作品

ビデオマーケット 約1340作品
(ほとんどが課金作品の模様)

NHKオンデマンド 約200作品

Netflix 不明

Huluは海外VODではあるのですが、意外と国内TVドラマの作品数が多いです。日本国内において、日テレが運営母体となってからTV番組が充実してきた結果だと思います。しかもHuluは完全定額制の見放題なので、対象国内動画は全て追加料金なしで視聴できます。

FODプレミアムもTVドラマ視聴においては、おすすめです。フジテレビ系が中心となりますが、他のVODでは視聴できないドラマがたくさん視聴できるのが魅力的です。見放題作品以外にも、ポイントを利用して視聴できるTVドラマもありますので、さらく作品数自体は多いことになります。

U-NEXTも、TVドラマが充実したVODと言えます。見放題VODではカバーされていないようなTV動画もポイントを利用して視聴できます。どうしても見たいドラマがある場合には、U-NEXTは有り難い存在です。

ビデオマーケットは、非常に沢山の国内TVドラマ作品数があるようですが、そのほとんどは有料レンタル作品に該当するようです。ポイントを購入してご視聴ください。

なぜ無料動画サイトを勧めないか

TVドラマをネットで見る方法は、YouTubeやデイリーモーション、パンドラTVなどの無料動画サイトという方法もあるかもしれません。でもそれらのサイトに、テレビドラマの動画をアップすることって違法行為なんですよね。

ひと昔前までなら、YouTubeにアップしてある動画を観る以外にテレビドラマをネットで見る方法がない、という時代もありました。でも、今は違います。これだけ動画配信サービスが充実してきましたので、違法動画をわざわざ見る必要もありません。

YouTube等でテレビドラマの動画を探すのは、手間も掛かります。違法動画なので、放送局に見つかり次第削除されます。やっとお目当ての動画を見つけては、削除してなくなり、を繰り返すはめになります。そんなこと何回も繰り返していては、私たちのストレスも溜まるいっぽうですよね。

なので、今の時代、YouTubeなどに投稿してある違法動画でTVドラマを見るのはもうやめて、ちゃんとした動画配信サービスを利用して、快適にTVドラマ視聴しましょうね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする